CRYPTO

【初心者必見】メタマスクのウォレット作成方法を解説!

メタマスクのウォレットの作成方法を解説

トークンを管理したくてメタマスクに目をつけたんだけど、ウォレットの作成方法がわからない。

だれか教えてくれる優しい人はいないかな…ね、にゃんちゃん...🐈




こんなお悩みを解決します。


 本記事の内容
  • MetaMaskを利用する際の注意点
  • MetaMask作成方法の手順
 本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、金融系専門卒の仮想通貨投資家です。実際に、34万円分の仮想通貨を運用しています。


今回は、メタマスクのウォレット作成方法を解説していきます。

最初にすこし説明すると、

メタマスクとは、暗号資産(仮想通貨)を管理するお財布のことです。

主に、イーサリアム系トークンを管理する暗号資産ウォレットになります。




この記事を読んでウォレットを作成することで、NFTゲームやDeFiサービスなどで使用できるようになりますよ。

さっそく見ていきましょう⚡

あすか


MetaMask(メタマスク)を利用する際の注意点

メタマスクを利用する際の注意点


まずは、利用する際の注意点から。

注意点は、以下のとおり↓

注意点①:正しいURLからインストール
注意点②:シークレットリカバリーフレーズを厳重保管
注意点③:送金手数料がかかる


1つずつ、解説していきます!

注意点①:正しいURLからインストール


結論からいうと、偽物のURLに騙されないようにしましょう。

というのも、ネット上で偽物がころがっているんですよね。

偽物をインストールしてしまうと、資産を盗まれてしまう恐れがあるので、ご注意ください。

※これは本物のURLです。

» MetaMask - Chrome ウェブストア (google.com)

お気をつけて。

あすか


注意点②:シークレットリカバリーフレーズを厳重保管


シークレットリカバリーフレーズは、
大切に保管してください

というのも、シークレットリカバリーフレーズは変更することができません。

※このあとの作成手順ででてきます。

変更する場合は、再度MetaMaskのウォレットを作成する必要があるので、気をつけてください。

このあとの作成手順で、詳しく説明していきます!

あすか


注意点③:送金手数料がかかる


イーサリアムをMetaMaskに送金した際、手数料がかかります。

手数料は、こんな感じ↓

0.005ETH(約1,000円)

※記事執筆時点での日本円換算

正直、たけぇ…。ですよね。

しかも、手数料はその日のレート価格によって変動します。

こればかりは仕方ないです。割り切りましょう。

MetaMask(メタマスク)ウォレット作成方法の手順

メタマスクのウォレット作成の手順



MetaMaskの作成手順は、こんな感じ↓

  • MetaMaskをGoogle chromeに追加する
  • MetaMaskをGoogle chromeに追加したら開始をクリック
  • MetaMaskをセットアップ
  • MetaMaskの品質向上への協力に同意
  • MetaMaskのパスワード作成
  • MetaMaskのウォレット保護のために動画を観る
  • MetaMaskの「シークレットリカバリーフレーズ」を理解する
  • MetaMaskウォレットの作成完了



さっそく、解説していきますね!

手順①:MetaMaskをGoogle chromeに追加する


まず、MetaMaskを開き、「chromeに追加」をクリックします。

MetaMask ホームページ


「拡張機能を追加」をタップ。

MetaMask 拡張機能を追加


手順②:MetaMaskをGoogle chromeに追加したら開始をクリック


MetaMaskを開いたら、「開始」をクリック。

MetaMaskにようこそ


手順③:MetaMaskをセットアップ


次は、MetaMaskをセットアップしていきます。

すでにスマホアプリ版でMetaMaskをいれている方は、ウォレットをインポート。

はじめて利用される方は、「ウォレットの作成」をクリック。

MetaMask ウォレットの作成


手順④:MetaMaskの品質向上への協力に同意


内容を確認したら、「同意します」をタップ。

MetaMaskの品質向上へのご協力のお願い


手順⑤:MetaMaskのパスワード作成


次にパスワードを作成していきます。

※パスワードは必ずメモしておきましょう

MetaMask パスワードの作成


パスワードを作成したら、「作成」をクリック。

MetaMask パスワードの作成


手順⑥:MetaMaskのウォレット保護のために動画を観る


強制ではありませんが、大事な通貨を管理していくために、動画を観ておきましょう。

MetaMask ウォレットの保護


手順⑦:MetaMaskの「シークレットリカバリーフレーズ」を理解する


シークレットリカバリーフレーズとは、12の単語から構成されるMetaMaskを復元するためのフレーズです。

つまり、シークレットリカバリーフレーズさえあれば、ほかの端末から自身の管理するMetaMaskにログインできるわけです。

MetaMask シークレットリカバリーフレーズ


ウォレットを復元する際にも必要なので、保管は厳重に!

あすか


手順⑧:MetaMaskウォレットの作成完了


これで作成完了!

MetaMask ウォレット作成


お疲れさまでした!

あすか


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あすか(Asuka)

ブロガー | 金融系専門卒 | 簿記2級/所得税法2級持 | 公認会計士受験生▹▸志が変わる▹▸NFTブログ開設 | 日々仮想通貨に関する情報を発信中

-CRYPTO
-, , ,