CRYPTO

【初心者向け】仮想通貨のノードとは?機能や種類をわかりやすく解説

2022年9月23日

仮想通貨のノードとは?機能や種類をわかりやすく解説

仮想通貨のノードについて知りたいけど、専門用語ばかりでさっぱりわからん。

誰かわかりやすく教えてくれる人いないかな。




こんなお悩みを解決します。


 本記事の内容
  • 仮想通貨のノードとは
  • 仮想通貨のノードの4つの機能
  • 仮想通貨のノードの種類
  • ノードの役割と報酬


 本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、金融系専門卒の仮想通貨投資家です。実際に、34万円分の仮想通貨を運用しています。



仮想通貨について調べていると「ノード」という言葉をちらほら見かけますが、いまいち意味が分からないですよね。

そこで今回は、仮想通貨のノードについて解説していきます。

仮想通貨初心者さんでも理解できるよう、めちゃんこ嚙み砕いたので、最後まで読んでみてください。

この記事を読むことで、仮想通貨のノードを理解できますよ⚡

あすか


仮想通貨のノードとは

難しいノードの説明


ノードとは、仮想通貨のネットワークに参加しているコンピューター端末のことです。

具体的に、パソコンやスマホ、タブレッドなどの端末が仮想通貨のネットワークに参加している場合、これらの端末をノードといいます。

つまり、仮想通貨のネットワークに繋がっている個々の端末のことですね。


ちなみに、ノード単体の意味は、「結び目」「接続点」といった意味があります。

インターネットに接続されている個々の端末が点となり、「点=ノード」ということになります!

あすか


仮想通貨のノードは取引記録を共有している

仮想通貨のノードは取引を共有している


仮想通貨の取引履歴はすべてブロックチェーンに記録されており、一つ一つのブロックに記録されたデータはすべて繋がっています。

一つ一つのブロック(取引履歴が記録されたデータ)がチェーンのように繋がっているから、ブロックチェーンというんだね!

あすか


 中央に管理者がいないブロックチェーン


すべての取引が記録されたブロックチェーンですが、実はノードでも取引記録が共有されているんです。

ノードはブロックチェーンの取引履歴を受け取り、他のノードに伝達する役割があります。

つまり、たくさんのノードがブロックチェーンの取引履歴を受けとり共有することで、みんなが取引履歴を共有していることになる。



だから、セキュリティレベルが高くなり、改ざんできなくなるわけですね。

ブロックチェーンの仕組み


中央に管理者はいないけど、みんなが持つブロックと照らし合わせることで、すぐに不正が発覚する仕組みになっているよ!

あすか

つまり、取引データを持っている端末が増えれば増えるほど、不正ができない頑固たる仕組みができるわけ!

あすか


ブロックチェーンに関しては「ブロックチェーンとは?仕組みやメリットをわかりやすく解説【初心者向け】」で詳しく解説していますので、よかったら参考にしてみてください。

仮想通貨のノードの4つの機能

仮想通貨のノードの4つの機能


ノードの機能は、以下のとおり↓

  • ルーティング
  • ブロックチェーンデータベース
  • マイニング
  • ウォレット


それぞれ解説していきます!

ほんまカタカナ多いんやからあ😭

あすか


機能①:ルーティング


1つ目の機能は、ルーティング。

ルーティングとは、データにおいて送信先までの経路を割り出し認めること。

つまり、ノードからデータが送信されたとき、次にどのノードにデータを送るべきなのか案内してくれるわけですね。

ネットワーク内にはノードがたくさんあるので、どのノードにデータを送るべきなのかわからなくなってしまいます。

↑を解決するのがルーティング

 イメージ
仮想通貨 ルーティングの説明あ


バケツリレーのように、次の送り先であるノードへの道を案内しながらデータを送り、目的のノードまで届けてくれます。

あすか


機能②:ブロックチェーンデータベース


2つ目は、ブロックチェーンデータベース。

ブロックチェーンデータベースとは、最初から最後(現在)までの全ての取引履歴が入ったデータベースのことです。

ブロックチェーンデータベースでは、いくつかの取引ごとにデータをまとめたブロックをチェーン状に繋ぎ、記録を増やしていきます。

>>【画像付き】P2Pとは?仕組みやメリットについて初心者向けに解説

イメージが湧かない方は家計簿のExcelのようなイメージで大丈夫です。

家計簿のように取引内容を記録しているExcelですね。

あすか


家計簿 例


難しくて頭おかしくなりそうや

あすか


機能③:マイニング


3つ目の機能は、マイニングです。

マイニングとは、新しいブロックを作るための承認作業のこと。

※ブロックとは、今までの仮想通貨取引が記録されたデータ。

ブロックの承認作業は、仮想通貨のネットワークに参加している第三者が不正な取引がないかをチェックします。

イメージはこんな感じ↓


どうして第三者が確認するの?

A. 中央に管理者がいないから

例えば日本の場合、日本銀行(中央銀行)=中央集権 だけが日本円を発行する権限を持ち、管理しています。

しかし、仮想通貨の世界では非中央集権なため、世界中にいる仮想通貨ネットワークの参加者が1つずつ承認作業を繰り返しながら管理しています。



なので、承認作業(その仮想通貨取引が正しいものなのか確認する作業を)してくれる方は、報酬として、新たに発行された仮想通貨を受け取ることが可能です。

ご褒美で仮想通貨がもらえる!

あすか


機能④:ウォレット


4つ目の機能は、ウォレット。

ウォレットとは、仮想通貨のお財布みたいなもの。

というのも、仮想通貨は仮想といえど通貨なので、お財布や銀行預金のように保管・管理しておく必要があります。

>> 【初心者必見】メタマスクのウォレット作成方法を解説!


次は、ノードの種類について解説していきますね!

仮想通貨のノードの4つの種類


ノードの種類は、以下のとおり↓

  • フルノード
  • SPVノード(軽量ノード)
  • ソロマイナー
  • フルブロックチェーンノード


一つずつ見ていきましょう!

種類①:フルノード


1つ目は、フルノード。

フルノードとは、ブロックの誕生から現在まで、全ての取引履歴を管理しているノードのことです。

過去の取引情報をすべて記録しているため、取引に不正がないかを確認できます。

さらに、フルノードは2つに細分されます↓

  • アーカイブノード
  • 剪定(せんてい)ノード


アーカイブノード


上記で説明した、全ての取引履歴を管理しているフルノードの別名をアーカイブノードとも呼びます。

過去にさかのぼって全てのデータを記録するため、膨大なデータ容量が必要です。

網羅型だね!

あすか


剪定(せんてい)ノード


剪定ノードとは、データを全て記録しているアーカイブノードとは違って、過去の不要なデータは削除して、必要な分だけ記録するノードのこと。

必要なブロックのデータは保存してあるノードなので、取引の検証には支障がありません。

また、必要なデータのみを保存するので、容量の負担が少ないです。

節約型だね!

あすか


種類②:SPVノード(軽量ノード)


SPVノードとは、ブロックのヘッダーと呼ばれる一部分のみを保存するノード
のこと

データの総量が少ないので、スマホなどのデータ処理能力が限られた端末でも、ノードになれます。

しかし、SPVノード単体ではデータの正当性が判断できないため、他のフルノードとデータのやり取りをする必要があります。

ちなみに、SPVノードは軽量ノードとも呼ばれているよ!

あすか


種類③:ソロマイナー


ソロマイナーとはマイニングを行い、仮想通貨取引の承認(取引データが正しいかを確認)をすることで報酬を得ているノードです。

というのも、ブロックチェーンは1つのサーバーで管理しているわけではない(非中央集権型な)ので、取引が正しいものであるとデータを照合して照明する必要があります。

>> ブロックチェーンのメリットとは?デメリットも包み隠さず解説【初心者向け】

処理を代行することにより、報酬(仮想通貨)がもらえます。

種類④:フルブロックチェーンノード


フルブロックチェーンノードは、上記で解説したルーティング、ブロックチェーンデーターベースの機能を持ったノードです。

ブロックチェーンにおけるノードの役割と報酬

ブロックチェーンにおけるノードの役割と報酬


ブロックチェーンの特徴は、以下のとおり↓

  • 24時間365日稼働している
  • 一度記録したデータは改ざんできない
  • 中央管理者がいなくてもデータとシステムの整合性を維持できる


主に、この3つ。

ブロックチェーンの仕組みを支えているのが数多くのノードの存在です。

ノードの働きによってデータの整合性をチェックしているため、不正なデータが混ざっていたとしても正しい記録をブロックチェーン上に記録することができます。

ノードのマイニングよる報酬制度


マイニング(仮想通貨取引のデータが正しいかを確認する作業)を行うためノード(端末)となるコンピュータ(パソコン)を用意し、ブロックチェーンの仕組みにマイナーとして参加できます。

マイニングしてもらう代わりに仮想通貨を報酬としてもらうことが可能です。

報酬がもらえるので、多くの人(マイナー)が集まる=(ノード(端末))が集まる。

つまり、ノードが集まることによりデータを持つ人が増えるので、最終的にブロックチェーンの仕組みがより安定していくことにつながります。

ブロックチェーンの仕組み


マイニングをしてくれた感謝として、

仮想通貨がもらえるわけですね⚡

あすか


まとめ:世界中のノードによって仮想通貨は安全に管理されている

世界中のノードによって仮想通貨は安全に管理されている


今回は、仮想通貨のノードについて解説しました。

ノードとは仮想通貨のネットワークに参加している端末のことであり、パソコンやスマホが含まれました。

そして、仮想通貨取引の履歴が記録されているブロックチェーンデータは、世界中にあるノード間でも共有されています。

仮に、一部ブロックチェーンデータが改ざんされたとしても、世界中に散らばるノードの記録と照らし合わせることで、すぐに不正を見つけられます。

なので、仮想通貨の不正を行うのは現実的に不可能に近いわけです。

銀行のように中央管理者はいませんが、みんなで公平な仮想通貨取引をしていこうという仕組みにより、セキュリティレベルが高く、不正ができないようになっています。

みんなで協力している感じいいよね✨

あすか


今回のノードについての説明はすこし難しかったと思います。

結構噛み砕きましたが、理解できなかったら申し訳ないです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

お疲れさまでした☕

あすか


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あすか(Asuka)

ブロガー | 金融系専門卒 | 簿記2級/所得税法2級持 | 公認会計士受験生▹▸志が変わる▹▸NFTブログ開設 | 日々仮想通貨に関する情報を発信中

-CRYPTO
-,